2010年09月19日

インスリン物語

1921年、トロント大学のマクラウド教授の研究室で、外科医のパンディングと助手が膵臓からインスリンを精製することに成功。
その翌年には、トロント大学に入院していた重症の糖尿患者にインスリンを投与し、命が救われた。

1923年、この業績によりマクラウドとパンディングがノーベル医学生理学賞を受賞しました。

その後、長くに渡りブタの膵臓から抽出されたインスリンが糖尿病患者に使われましたが、1979年にヒトのインスリン遺伝子が解明され、翌年には遺伝子組み換え技術により、大腸菌でのヒト・インスリンの生産が試みられました。

「インスリン物語」には、今日の薬創りにも通じる全てのエッセンスが含まれています。

1つが病気の原因の解明、2つ目が治療薬の開発、3つ目が安全な治療薬の大量生産の開発です。



■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

posted by ホーライ at 17:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 薬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

薬の誕生物語  (1)

そもそも「薬を創る」とは一体、どんなことなのだろう?
創薬という研究分野が生まれた過程を見ながら、考えていこう。

普段はあまり意識することはなくても、たとえば風邪を患って熱や頭痛でウンウンうなさ
れたりすると私たちは健康のありがたさを実感します。

では、「病気」と「健康」の違いを知るところから始まります。
この違いを知って創薬のターゲットが定まってこそ、画期的な新薬も生まれてくるのです。

しかし、これまでの薬を見ると、なぜ効くのかが分からずに長年使い続けられ(!)、
近年になって初めてその作用メカニズムが分かった薬や、まったく偶然に発見された薬も
多いことが分かります。

偉大な発見というのは偶然にもたらされる場合もありますが、科学者たちの緻密な実験と
観察に基づくこも多いのです。

インスリンの発見は、始まりこそ予期しない偶然の発見からでしたが、その後の緻密な
実験の積み重ねてもたらされたものです。

糖尿病の人の尿は甘くて糖分を含んでいることは、昔から知られていました。
1889年に、ストラスプール医科大学のO.ミンコウスキーらは、別の目的でイヌの膵臓
を摘出したところ、そのイヌの尿は正常よりもはるかに多いグルコースを含んでいることを
偶然に発見し、糖尿病と膵臓の関係が初めて明らかになりました。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net


posted by ホーライ at 17:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 薬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。