2005年03月25日

治験というビジネス

一体どれだけのビジネス本が出ているかしらないが、多分、治験をビジネスにするノウハウを書いた本は、まだ、この一冊しかない。

米国最新治験事情ライフサイエンス選書

米国と日本では、まだまだ治験環境や、治験に対する考え方が違うので、上の本のようなことはできないが、参考にはなる。


さらに、もう一冊、出色なのが、個人がいかにしてCRC(治験コーディネーター)になったか、その後、どんな苦労をしたかを書いた次の本だ。

CRC(治験コーディネーター)という仕事


今後、治験というビジネスが“健康”に育って欲しいと思う。

そうでないと、新薬が世の中に出てこなくなる。

そのためにも、もっと治験をビジネスとして捉えた本が出てもいいと思うのだが。


posted by ホーライ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。