2005年03月08日

治験総括報告書のあり方

治験が終わると、ムチャクチャ大変な「治験総括報告書」なるものを書く。
それは、ICHで決められたガイドラインなので、仕方が無い。
仕方が無いが、ガイドラインだけでは、一体に何を書いたらいいのか、初心者は全く分からない。

そんなときには、この本だ。
 ↓
治験総括報告書のあり方日本製薬工業協会医薬品評価委員会臨床評価部会


 
これだけで、全てが済むわけではないが、これがないと済まない。
特に、初めて治験総括報告書を書く人は必見です。

posted by ホーライ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2317027

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。